オフィスアナザースカイ

こんな状況になっても外で働かなければいけない方、1日中家にいて家族との関係に疲弊している方など、
前向きでがんばっているのに、まわりから理解されず、周囲に気を遣うことに疲れてしまっている方が多いように感じます。
何が正しいのか簡単に判断できない状況で、「自分で決めるしかない」ということに、苦しさを感じている人も多いと思います。

つらい、くるしい、前に進めない。

そんな方に対して、思いをしっかり吐き出して、現状を把握し、現実的に進むための道筋を整理します。
そして、体の面からも全身をほぐし、骨格をもとの位置に戻すことで、自然と笑えるように導いていきます。

リーディングセッションやボディメンテナンスを受けた方の声は、こちらのリンクをクリックしてお読みください。
https://shinjioeda.site/

.

スケジュール

《ボディメンテナンス・リモートリーディングセッション 予約決定スケジュール》
下記のカレンダーで、予約状況をご確認ください。
ボディメンテナンス・リーディングセッションの予約希望の方は、上記のタグをクリックして、お申し込み下さい。

.

《イベント出店 スケジュール》

鹿児島 サイキックカフェ
リーディングセッション、ボディメンテナンス、シネマティック・ストーリーを行ないます。
4月25日(土)

霧島リトリートツアー
6月7日(日)から8日(月)まで

癒しフェア in 博多
リーディングセッション、シネマティック・ストーリーを行ないます。
8月8日(土)

《主催 講座・セミナー・ワークショップ スケジュール》

見えない世界の教科書 福岡セミナー
5月6日(水・祝)、6月6日(土)、7月11日(土)、8月3日(月)

見えない世界の教科書 神戸セミナー
7月12日(日)

サムライメソッドやわらぎ 福岡セミナー
5月23日(土)

コンセプト

【からだと心、「人間」を全部使って生きよう。】

人生100年と言われる時代、「健康への貯蓄」こそが、未来への最大の投資だと言えます。

でも、健康でいるためにジムへ行ったり、運動したり。
食事を制限したり、評判の健康法を次々と試したり。
色々してみても、不調がよくならないのは、なぜでしょうか。

それは、からだと心のバランスが取れていないからです。

人間のからだは、どこか1ヶ所だけを鍛えても、他の部分が衰えてしまうものなのです。
だから、どこかに負荷がかかり過ぎていないか、
からだや心のクセを見つけて、バランスを整えていくことが必要なのです。

そこで、
・ヒーリングを加えたボディメンテナンス
・リーディングを用いた助言やアドバイス
という、からだと心の両面からのアプローチで、
自分を楽しく生きていくためのサポートをしています。

【大切なことは、もっとシンプルでいい。】

テレビやラジオ、本や雑誌、パソコンやスマートフォンの中には、
健康や幸せな生き方に関する情報があふれかえっています。

あれがいい。これが良さそう。と感じても、自信がないと決められません。

必要なのは、「自分で選択する力」です。
自分に責任を持ち、自分で選択できる人が、健康になれるのです。

たとえば、食後にケーキを食べたとします。
「ケーキ、食べちゃったわ」と思うか、
「私は、ケーキを食べるということを選んだ」と思えるか。
ケーキを食べるリスクとメリットを知った上で、
自ら選んだ人が、自分の力で健康になれるのです。

情報や周りの声に振り回されず、「自分で選択する力をつける」。
そのための情報発信をしています。

【スピリチュアルに、だまされない。】

10年先、5年先もわからない、先の見えない不安な時代。
スピリチュアルに対する関心が、日に日に増しています。

そんななか、
「目にみえないものだから、何を言ってもいい」という風潮も
見られるようになってきました。

とくに、人は弱っているときや調子がすぐれないときには、
不安になりますし、すがりたい気持ちになりますので、
誰かの話を鵜呑みにしやすく、だまされやすいものです。

自分をすごく見せたい。いばりたい。あがめたてられたい。
そのために、相手をコントロールすることなど、あってはならないことです。

からだも心も、目にみえないものを扱う人は、
自分のメンタルが整っているのが、大前提です。

その上で、
「その人を尊重して、その人が心地いいのであれば、それでいい。
もし、やりたいようにやって、どこかがおかしいと感じているなら、
それを調整する」
というのが、私の基本スタンスです。

人間は、からだも心も、自己治癒力を持っています。
私にできるのは、その人の自己治癒力を発揮できるように手助けをすること。
本人も気づいていない、からだと心の「今の状態」を把握し、
自分の力で健康になれるよう、サポートしていくことです。